HOME >>

しこりとは

悪性腫瘍と良性腫瘍

しこりと聞いてまず思い浮かべるのが乳がんでしょうか。

ここでは乳房に出来る腫瘍を例にして、悪性のものと良性のものについて違いを考えてみたいと思います。

 

しこりを調べたら、良性だったというのが多い

乳房にしこりを感じると、「乳がん」を連想しとても不安になりますよね。

しかし乳房に出来るしこりの約9割は、良性の腫瘍だそうです。

例えば乳腺繊維線種(にゅうせんせんいせんしゅ)。くりくりとした感触があり、よく動くのが特徴です。通常は約3cm程度で成長が止まり、それ以上は大きくなりません。

乳腺症は、ホルモンのバランスが崩れることで起こります。月経前に乳房にしこりや張り、痛みなどを感じ、月経が始まると改善します。

のう胞は乳腺症の一種で、乳管が詰まっておこります。

葉状腫瘍もだいたいの場合は良性の腫瘍で、2~3ヶ月で急激に大きくなるのが特徴です。

この葉状腫瘍は乳がんと区別が付きにくく、また悪性の可能性もゼロではないため、病院での精密検査が必要になります。

いずれの場合も、ほとんどの良性腫瘍は女性ホルモンの変化によって成長し、また自然に小さくなったり消滅したりします。

基本的に良性腫瘍の場合、治療は不要です。健康的な生活をしていれば、自然と消滅するか、小さくなります。

しかし定期的な検診は受けたほうがいいですね。