HOME >>

しこりとは

脂肪腫

脂肪腫とは一般的に脂肪の塊のことを指します。皮下に発症することが多く、外見からもすぐにしこりが出来ている、と分かることが多いようです。

稀に深部の筋肉内部に発生することもあり、その場合は外見で判断できません。

脂肪腫の発生原因は詳しくはわかっていません。しかし良性の腫瘍であり、あまり心配はいらないようですね。

40~50代の女性に多くみられます。ただし、深部の筋肉に発生する脂肪腫は、男性の方に多くみられるのだとか。

 

ほとんどの脂肪腫は良性で、確定も容易

発生しやすい場所は背中、肩周囲、お尻など。深部筋肉の場合はふとももに出来ることが多いです。

痛みなどの自覚症状はなく、長い時間をかけてゆっくり成長することが多いようですね。

直径5cmを超えるような大きなものは心配ですが、良性腫瘍である脂肪腫でも、そんな大きさのものに育つ場合があるようです。

とはいえ、悪性腫瘍であるがんの可能性もあります。いずれにしても、大きいものはトラブルの元となりますから、医療機関での検査が必要です。

脂肪腫は成長しても痛みがなく、また圧痛(押すと感じる痛み)も感じません。

また、急激に体重が増えて皮膚の表面積が広くなると、脂肪腫もそれに伴い大きくなることがあります。

色は皮下脂肪と同じ黄色っぽい色をしています。診断にはCTやMRIなどの画像診断が有効で確実に診断できます。

 

ひとつだけ注意が必要な場合があります。分化型脂肪肉腫という、ややこしい脂肪腫の場合は、悪性なので早期発見が肝心です。

これは悪性ではあるものの、一般的な生検では悪性である、ということが分かりづらいのだそう。

そのため、分化型脂肪肉腫が疑われる場合は、腫瘍を切除し全体を細かく病理検査する必要があります。

この場合は医師からその旨、説明があるでしょう。

脂肪腫と確定診断された場合は放置しても悪影響はありません。

しかし、顔などの露出部で腫瘍が目立つ場合は、希望により手術する場合もあります。