HOME >>

部位別しこり(顔面、頭部)

まぶたのしこり(麦粒種)

麦粒種 (ばくりゅうしゅ)とは細菌感染によるものもらいの正式名です。霰粒腫(さんりゅうしゅ)との違いは感染性であるかどうかですがどちらもものもらいの一種として考えられています。原因は目に油分を供給するマイボーム腺が細菌の感染によって炎症を起こし、つまりを生じるためです。逆さまつげや目の擦りすぎ、コンタクトレンズの間違った使用などによって起こります。

原因菌は黄色ブドウ球菌が主となります。症状はまぶたが赤く腫れて激しい痛みを伴います。また結膜にも充血や浮腫を起こす場合もありますが、結膜炎とは別の症状です。(ただし合併症として結膜炎を起こす事はあります)治療にはサルファ系の抗菌剤の点眼薬が処方されます。腫れが酷く黄色い膿が透けて見えるような場合は穿刺(注射針を刺すこと)や切開で膿を出す処置を行います。

尚成人でこの病気を何度も繰り返す場合は糖尿病が原因疾患として存在している場合がありますので代謝内科の受診を受けることをお勧めします。もし、糖尿病が指摘された場合は糖尿病の治療が優先されます。原因不明の霰粒腫(さんりゅうしゅ)とは違い 麦粒種は細菌感染というはっきりとした原因があります。

したがって予防手段は目の周りを清潔に保つことに尽きます。日常的にはなるべく目を擦り過ぎない、手指を良く洗い清潔に保つ、コンタクトレンズは正しく使い、洗浄をマメに行う、使い捨てコンタクトレンズを長期間使いまわさない、他人のコンタクトレンズを使用しない、目の際に入れるアイラインのようなアイメイクには気をつける、規則正しい生活を心がける、糖尿病や生活習慣病を予防するという事を守りましょう。