HOME >>

部位別しこり(顔面、頭部)

口腔内のしこり

口の中に出来るしこりやできものはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは口の中に出来るしこりについて解説していきます。口の中にできものやしこりのようなものが出来るのは口内炎が原因であることが殆どです。口内炎であれば1~2週間で完治するのですが、中には悪性腫瘍などもありますので早めに口腔外科や歯科の受診を受けましょう。口の中に出来るできものやしこりは白や赤い色をしたものが多くその代表が口内炎です。

口内炎は誰しもが一度は罹る傷病ですが良く似た症状を起こすものに乳頭腫や良性腫瘍、カンジダ、悪性腫瘍があります。痛みを伴うできものであれば早期発見もたやすく、治療もスムーズに行えますが、痛みが出ないものは危険です。なぜならがんの場合、初期だと無症状であるためです。また舌癌などは舌の表面ではなく裏側に出来ることが殆どなので発見が遅れてしまうことがあります。歯磨きの時などは舌の裏側もチェックするようにしてみましょう。

もし、舌の裏側に痛みのないしこりが出来ている場合はただちに病院に行って検査を受けるようにしてください。皮膚がんなどは黒い色をしているため、口の中にも黒いしこりが出来ているとがんだと思いがちですが、口腔内に出来るがんは白色であることが殆どです。黒色のしこりは血豆や黒毛舌と呼ばれるしこりでどちらもそれほど重い疾患ではありません。セルフチェックをする時はしこりの色に特に注意して見てください。

白くて痛みの無いしこりは要注意だといいましたが、加えてそのしこりがカリフラワーやぶどうの房のように粒々がまとまって出来ているような場合は更に注意が必要です。そのような状態だとがんである可能性が更に高まるからです。痛みが無いからと油断しないで下さい。通常のしこり(口内炎)であれば放置していても治る場合もありますが、数日様子を見て一向に改善の兆しが見られない場合はただちに病院で治療を受けましょう。