HOME >>

部位別しこり(顔面、頭部)

頚部のしこり

頚部のしこりの原因はいろいろと考えられますが、最も多い症例はリンパ節の腫れでしょう。リンパ節周辺部が細菌やウィルスに感染すると炎症を起こし、リンパ節が腫れてしこりとなります。急性期には外見上で判別できるほど大きく腫れあがることもあります。また嚢胞と呼ばれるリンパ液や血液がつまった袋状のものが炎症や感染によって腫れあがりしこりとなることもあります。

嚢胞は代謝の過程で出来るもので、嚢胞があるからといってすぐに何か悪影響があるものではありません。また風邪やインフルエンザによって扁桃腺が腫れあがったり、虫歯の悪化などによって頚部にしこりが出来ることもあります。花粉症や喘息の時などのアレルギーを引き起こす特定物質(アレルゲン)が侵入してきた時も頚部の腫脹が起こります。

その他に考えられるのは甲状腺の異常や悪性腫瘍です。特に首の前の方が腫れてきたときはバセドウ氏病や甲状腺腫(良性)、甲状腺がん、橋本病などが疑われます。首の横の方にしこりが出来た場合、稀なケースですがリンパ節がんが疑われます。

リンパ節がんにはリンパ節自体ががんに冒されるリンパ節腫と他の臓器にがんが出来、それが転移した転移性リンパ節がんがあります。リンパ管は体中に張り巡らされているため、他の臓器にがんが発生した場合、最も転移しやすい器官です。風邪や虫歯は治療することで一過性の炎症で治まりますが、難病が隠れている場合もありますのでいずれにしても、頚部にしこりが感じられたらすぐに病院に行きましょう。