HOME >>

部位別しこり(四肢)

股関節部のしこり

股関節は局部に近いためにしこりが出来ても恥ずかしくて中々病院で診てもらおうという気分になりにくいですね。出来ればそのまま自然と治ってくれればいい、たかがしこりなんだから。とそう思われても仕方ないと思います。実際に股関節のしこりの多くは気づかずに治っている場合が多いので、たまたま見つかったからと言って大げさな心配は必要ないことが殆どです。

しかし場合によってはリンパ節がんや梅毒の初期症状でしこりが見つかる場合があります。ですから万が一の場合に備えてしこりを見つけたら病院で診察してもらいましょう。股関節のしこりはリンパ腺と深く関係しています。リンパ腺というのは体内を網の目の様に張り巡らされている組織のことです。

リンパ液に代謝活動によって出来た細胞の老廃物を取り込んで、体外に排泄する器官へと運搬しています。そのリンパ腺が集中して太くなっている部分が腋の下や鎖骨の下、頚部、股関節です。体内にウィルスが侵入するとこれらのリンパ腺が腫れることがあります。またリンパ腺やリンパ節に悪性腫瘍が出来る場合と他の臓器に出来た悪性腫瘍が転移してくることがあります。

リンパ節は非常に転移性のがんが出来やすい器官なので股関節のしこりには注意が必要なのです。また下着やズボンの擦れなどで皮膚が傷つきそこからばい菌が侵入し炎症を起こしている場合もあります。殆どの場合は一過性のもので抗生物質の投与で改善されます。抗生物質が処方された場合、服用期間中に腫れが引いても自己診断で薬の服用を中止しないようにしましょう。

そうしないと体内の残留ウィルスが抗生剤に対する耐性をもってしまい治療が困難になってしまい、更にやっかいな病気に進行することがあります。