HOME >>

部位別しこり(体躯)

陰茎(男性)のしこり

陰茎とは男性性器のことです。陰茎は他の部位に比べて皮下脂肪が少ないため脂肪腫が出来ることはあまりありません。陰茎の皮膚の中に硬いしこりが見つかった場合、疑われる病気は陰茎形成性硬結症と呼ばれる病気です。

30~50代の働き盛りに多く、陰茎海綿体を包んでいる白膜と呼ばれる結合組織に硬い筋状の組織(瘢痕)が出来てしまい、場合によっては勃起時に陰茎が屈曲してしまう病気です。別名をパイロニー病と呼ばれています。原因は良く分かっていませんが何らかの原因で起こる炎症反応によって瘢痕が形成されるのではないかと見られています。

症状としては先述したように陰茎の皮膚の中に硬いしこりが出来ます。通常時は無症状ですが、勃起した時に瘢痕の出来ている側に曲がってしまい、その時に痛みを覚えるこがあります。場合によりますが、曲がり具合によっては性交渉時に挿入不能になってしまうこともあります。診断には触診と問診による特徴的な症状の確認と血液検査で炎症反応があるかどうかで分かります。

原因が不明なため根治するための治療法は確立されていません。しかし炎症反応が見られるので炎症を抑える薬が投与されます。また超音波治療、ステロイドの注入、コラーゲン分解酵素の注入などの治療法もありますが、あまり高い治療効果は望めないようです。痛みが強い時は放射線照射が有効だという報告もあります。

抗炎症薬と同時にビタミンEの内服も行われます。性交渉が困難な状態の場合は、本人の希望があれば手術をします。手術方法は瘢痕と化した陰茎海綿体の白膜を切除し、手術によって欠損した部分には皮膚移植を行います。ただし、悪性の病気ではないので性生活に障害が無い限りは手術を積極的に行うことはありません。高齢者の場合は陰茎がんとの識別が必要となります。