HOME >>

部位別しこり(体躯)

睾丸のしこり

睾丸にしこりを見つけた場合は出来るだけ早く泌尿器科の診察を受けましょう。なぜならそのしこりが腫瘍であった場合、殆どが悪性だからです。しかし、がん全体のうち、睾丸がんは症例もそれほど多くはありません。主にしこりの原因として考えられるのは副睾丸、副睾丸炎、陰嚢水腫などでしょう。この中で副睾丸をしこりと思い泌尿器科の受診をする人が多いのです。

副睾丸は精巣の上面とすぐ後ろの方に付着している器官で精子を運ぶ精管が睾丸のすぐ近くで膨れている部分のことです。これは健康体の男性なら誰でも持っているものなので、副睾丸ならなんの心配も要りません。しかし先述の通り、睾丸の腫瘍は殆どが悪性なので念のために受診を心がけるようにしてください。しこりが副睾丸であるなら問題のない健康体なのですが、性交渉の際細菌に感染したり、クラミジアや淋病などのSTD(性病)に罹ったりすることで副睾丸が炎症を起こす場合があります。

これを副睾丸炎と呼びます。副睾丸炎になると発熱や局所の肥大、さまざまな種類の痛みを覚えます。酷い場合はりんご大にまで晴れ上がる場合もあります。副睾丸炎の感染経路は尿道からなので、合併症として尿路感染症や前立腺炎を併発していることが多く排尿障害を伴うこともあります。治療法としては痛みの激しい急性期であれば抗生剤や抗菌剤の投与で落ち着きます。また尿路感染症を併発している場合は排尿痛があったとしてもなるべく水分を補給して尿を沢山だすようにします。

排尿することで尿道に残っている細菌を洗い流すためです。また副睾丸炎と良く似た症状を起こすのが、精巣捻転症です。これは精巣がねじれてしまい血流が妨げられ、睾丸付近が晴れ上がる病気です。精巣捻転症の場合は進行すると睾丸への血流障害が原因で睾丸の壊死を起こしてしまいます。精巣動静脈がねじれた場合6時間以内に手術をしないと睾丸の壊死が始まるといわれています。ですから、しこりや痛みがある場合には泌尿器科を必ず受診するようにしましょう。