HOME >>

部位別しこり(体躯)

肛門のしこり

肛門には静脈の多くが集中していて網の目のようになっています。これを直腸肛門静脈叢(ちょくちょうこうもんじょうみゃくそう)と呼んでいます。静脈叢にいろいろな要因で血液が溜まってしまい、その一部が血の塊になってしまうことがあります。これを血栓性外痔核と言い触れると柔らかいしこりとして感じることができます。

また拡張した静脈が集まり、柔らかいいぼのように腫れてしまった状態で肛門の内側に出来たものを内痔核と呼び、肛門の表面付近に生じた状態を外痔核と呼びます。外痔核を放置して痔核が飛び出たままにしておくと元に戻せなくなります。こうなると強い痛みを覚えるようになります。この状態を嵌頓痔核(かんとんじかく)と言い手術が必要となります。

また複数の痔核が肛門から飛び出たような状態を脱肛と言います。脱肛の場合、肛門の周囲に花びら状のしこりが出来ます。便秘がちの人に多いのが硬い便をした時に直腸が傷ついてしまいそこから細菌が侵入し、炎症をおこした状態が肛門周囲炎で更に膿がたまると肛門周囲膿瘍となります。肛門周囲膿瘍が出来てしまうと発熱や鋭い痛みが起こります。

この膿瘍が破れて膿が出た後、管のようなしこりが残った状態を痔ろうと言います。そしてこれも便秘がちで慢性的に硬い便をする人に多いのですが、硬い便が肛門を傷つけてしまうことで切れ痔になります。切れ痔は刺すような痛みが走ります。慢性的に硬い便をしていると切れ痔も慢性化して傷口が潰瘍化し、痛みと出血が持続するようになります。

また排泄器官である肛門に傷が付くと様々な細菌が付着しやすく、治りが遅くなります。切れ痔が慢性化すると下血が続き貧血になる人もいます。また下血は消化器の様々な病気のサインでもありますので放置せず治療を必ず受けるようにしましょう。