HOME >>

しこりとは

ほくろ

ほくろは母斑細胞の中で最も小さいもので、直径はだいたい10mm以下のものを言います。3~4歳ぐらいから目立ち始め、次第に数を増やし思春期ごろにピークを向かえ次第に減少していきます。薄く色が付いているだけのあざのようなものからしこり状に隆起しているものまで様々ですが、殆どのほくろは良性ですので心配いりません。

しかし、成人になってから新たに出来るほくろには中には悪性腫瘍に変化する場合があります。ここではその悪性化するほくろについて述べていきます。皮膚は表皮、真皮、皮下組織と呼ばれる三層から出来ています。表皮はさらに四層から出来ていて、皮膚がんはこの表皮の四層のどこの層から発生するかによってカテゴライズされます。皮膚がんで最も多いメラノーマ(悪性黒色腫)は基底細胞層にあるメラノサイト(色素細胞)ががん化したものです。

その他には有きょく細胞から発生する有きょく細胞がん、基底細胞から発生する基底細胞がんの3種類があります。メラノーマは白人に多く、その主な原因は紫外線の増加によるものだとされています。メラノーマの出来る部位は理論上体中に出来るのですが、顔や前腕など露出して紫外線に当たりやすいところが多いものです。

しかし日本人の場合は日光に当たりにくいはずの足の裏に出来る人が多いので何らかの外傷が原因でメラノーマが出来ると推測されています。皮膚がんは中年以降に新たに出来たほくろに多く、幅が7mmを超える大きなもので左右非対称、縁が複雑に入り組んでいるものでなおかつ色むらがあるならそのほくろはメラノーマの可能性があります。またメラノーマはピンク色がかっていることもあり、色が薄い場合でも注意が必要です。

また進行すると盛り上がってくるので、しこり状になったら要注意です。皮膚がんの治療は外科手術が基本です。ただし、目に見えるところに出来るがんなので早期発見が容易なため、早い段階で適切な治療を受けることが出来れば100%に近い確立で完治します。中年になったら3ヶ月に一度ぐらいは背中やおしり、太ももや足の裏などをチェックして新たなほくろが出来ていないかセルフチェックすると良いでしょう。