HOME >>

しこりとは

感染によるもの

風邪を引いた場合、両耳のすぐ下、首と頭の付け根の少し下の方にしこりのような腫瘤が出来ることがあります。また、傷口からばい菌が入り込む事で関節の辺りにしこりが出来ることもあります。それが酷くなって蜂窩織炎(ほうかしきえん)を起こすと傷口付近が倍以上に晴れ上がることもあります。

このように最近やウィルスに感染すると至るところにしこりが出来ます。風邪を引いてのどの奥が腫れるのは扁桃腺が炎症を起こしているからです。それが外から触っても分かるぐらいに腫れてしまう場合もあります。人には細菌やウィルスのような異物が体内に侵入してきた時にそれを攻撃するための免疫機能と呼ばれる働きがあります。

免疫機能の中でも一番に働くのは白血球です、白血球は体内に侵入してきた異物を取り込んで、異物の働きを停止させます。こうして白血球の働きでどんどんと血管内に細菌やウィルスの死骸が溜まって行き比較的血管やリンパ管が表皮に近いところにある関節などにしこりとなって現れます。また扁桃腺は免疫系の組織の一つです。

口や鼻から入り込んできた細菌やウィルスをそれ以上体内に入れないようにするために活発に働きだすと熱を持ちだします。そうして炎症に似た状態を起こし痛みを覚えるのです。人は感染すると熱を出したり、関節にしこりが出来たりするのはそれだけ免疫系が活性化している証拠なのです。また血管やリンパ管や筋肉が炎症を起こしてはれ上がりしこりになる場合もあります。

蜂窩織炎(ほうかしきえん)はその代表的なもので、40度近い高熱と患部の腫脹が起こります。前立腺肥大症のようにその組織が働きが弱ってしまう為に肥大してしこりとして感じる場合もあります。