HOME >>

しこりとは

脂肪種

脂肪腫とは一般的に脂肪の塊のことを指して言います。皮下に発症することが多いので、外見上からもすぐにしこりとして分かることが多いです。稀に深部の筋肉に発生することもあり、その場合は外見で判断することは難しいでしょう。

脂肪腫の発生原因は不明で良性の腫瘍です。40~50代の女性に多くみられますが、深部の筋肉に発生する脂肪腫は男性の方に多く見られます。発生しやすい部位は背中、肩周囲、でん部の皮下で深部筋肉の場合は大腿部が多いと言われています。自覚症状は無く、長時間かけてゆっくりと成長していく場合が多いようです。

一般的に直径5cmを超えるような状態は悪性の皮膚がんである可能性も高まりますが、巨大化する脂肪腫も症例的には多いので医療機関での検査が必要となります。脂肪腫は成長しても痛みは無くまた圧痛(押すと感じる痛み)も感じません。体重が増えて皮膚の表面積が広くなると共に腫瘍も大きくなることがあります。

色は皮下脂肪と同じ黄色っぽい色をしています。診断にはCTやMRIなどの画像診断が有効で確実に診断できます。しかし、分化型脂肪肉腫という悪性ではあるものの一般的な生検では悪性像の見つからない腫瘍との区別が付きづらいこともあるため分化型脂肪肉腫が疑われる場合は腫瘍を切除して全体を細かく病理検査する必要があります。

脂肪腫と確定診断された場合は放置しても悪影響があることはありませんが、顔などの露出部で腫瘍が目立つ場合は手術する場合もあります。また、ごく稀ではありますが先述の通り悪性腫瘍である場合も否定できないので、発見した場合は放置せず、必ず病院で診察してもらいましょう。