HOME >>

しこりとは

リンパ節の痛み

リンパ管は血管の隣に沿うように体中のいたるところに張り巡らされていてリンパ節も耳、頚部、腋、四肢、関節、顎下など体中に存在しています。首にしこりを発見して病院に相談するケースは結構多いようです。首には皮膚の下に米粒ぐらいのリンパ節がたくさんあり、健康な人でも触ればしこりのように感じるものです。

首は顔、頭、歯などから細菌侵入の影響を受けるので、例えば虫歯からばい菌が入ってくると白血球がそのばい菌を退治するために働きその影響で首のリンパ節が炎症を起こし腫れて大きなしこりとして感じられることがあります。風邪を引いたときなども同様の現象が起きます。細菌やウィルスに感染した場合のリンパ節のしこりは痛みを感じることが多いのですが、悪性リンパ腫だと痛みを感じること無く腫れてくるので、むしろ痛みを伴っている方が安心だと言えます。しかし、急に大きく晴れて痛みが激しい場合は抗生剤の服用や、切開して排膿するなどの処置が必要となりますので、放置しないで必ず病院に行くようにしましょう。

リンパ腺にしこりがあると誰もがまず第一に疑うのが腫瘍です。特にリンパ管は全身に張り巡らされていて転移性の悪性腫瘍の場合リンパ節がんを発症するケースが非常に多いためリンパ腺のしこりは非常に気になるところです。専門的にはリンパ系は全身組織であるため、転移する可能性が高くリンパ系の腫瘍というのは完治が難しいために広義では全て悪性と考えられます。ちなみにがん化したリンパ腫(悪性リンパ腫)の治療法は放射線療法と薬物による化学療法のみとなります。悪性リンパ腫の場合は非常に高い転移性を持っているので再発する可能性がとても高くやっかいな病気であると言えます。