しこりについて記載しています。

体中に気が付けば出来ている「しこり」、しこりと聞いて最初に思い浮かぶのは乳がんや頚部がんなどのがんを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

何だかしっくりこない気分的な「しこり」や人間関係にも「しこり」は存在します。しかし実際のところ体に出来るしこりって一体何モノなのでしょう?

病名としてのしこりは別名「腫瘤(しゅりゅう)」と呼ばれます。そしてしこりの主な正体は脂肪の塊であることが多いのです。他には皆さんの良くご存知の腫瘍だったり、体の中で白血球が細菌をやっつけた後に出来る菌の死亡の塊だったりします。

また、しこりには自然と消えてなくなるものもあればそのまま残るものがあります。指で触って分かるような大きさのしこりだと、気になって仕方ないものですね。

にきびのようなしこりだと自分で潰したり、針を刺して中身を出そうとする人もいるようですが、自己判断でこのようなことをすると却って症状を悪化させかねないので決して自分で潰そうとはしないで下さい。

また乳がんの発見の第一原因はやはり触診によるしこりの有無です。がんは体中に出来るので、しこり程度だから。。。と自然治癒力に任せて放置するのは危険なのかもしれません。

統計によればセルフチェックで乳房にしこりがあり、病院で検査をしてもらったところそのしこりが乳がんである可能性は約1割程度だということです。たかが1割と感じるか、10人に1人はがんであると感じるかはあなた次第です。

しかししこりがある場所によっては実際問題として放っておくべきかすぐに取り除くべきか非常に悩ましいところですね。

また本文を読んでいると昔からあるほくろまでもが気になってくる人もいらっしゃるかもしれませんね。当サイトではさまざまな部位別のしこりの症状を治療の必要なしこりからそうでないしこりまで掲載してあります。

痛みを伴うようなものから次第に大きくなっているしこりの場合は出来るだけ早く病院に行って治療を受けるべきですが、先ずは当サイトでしこりに対する知識をきちんと身につけていただければ幸いです。